本文へスキップ

東京都多摩市を中心に活動しているボランティアグループです。

ログの取扱いlog notice

パソコン要約筆記のご利用にあたって

 多摩市要約筆記サークルは、耳から情報を得ることが困難な方々が参加する場における通訳・情報保障としてのパソコン要約筆記者を派遣しています。パソコン要約筆記のご利用にあたっては、次のようにご理解願います。

 要約筆記には、書いたものを残す記録としての性格はありません。パソコン要約筆記で入力・表示された文字情報等は、音声による通訳と同様、残らないものとお考えください。
 要約筆記者は守秘義務を負っています。通訳現場で知りえた情報を口外したり、外部に流出させることはいたしません。お預かりした資料もご依頼者にお返しします。

 通訳後のログについては、次のようにお考えください。
1)通訳という性格上、入力機、表示機ともにログは保存しない設定で通訳をします。したがって、ログは残りません。
2)記録が必要な場合は、記録者を依頼してください。当サークルでも記録者の派遣についてご相談を受けますので、遠慮なくお申し出ください。

 パソコン要約筆記者は、通訳の現場では責任をもって情報保障に努めますが、何か問題があったときには、パソコン要約筆記者にではなく、当サークルにご連絡願います。

 以上の事柄についてのご相談、お問い合わせは当サークルまでお願いします。

多摩市要約筆記サークル

〒206-0011
東京都多摩市関戸4-72
多摩ボランティア・市民活動支援センター気付

TEL 042-373-6611
e-mail:
tamayouyaku@gmail.com

inserted by FC2 system